明日の風

明日は明日の風が吹く。

車の売り買いを自分で行うと売却手続きも購入

読了までの目安時間:約 3分

 

車の売り買いを自分で行うと、売却手続きも購入手続きも、自分でしなくてはならないので、手間のかかり方が大変なものになってしまいます。でも、自動車の価格評価であれば、業者にまるごと委ねてしまえるので、容易に自動車を売却できるでしょう。但し、あくどい手段で儲けようとする車買取の業者も話にでますので、周囲がどのように言っているのかよくよく調べたほうがいいでしょう。
車の売却査定時にはスタッドレスタイヤがついているかどうかは、プラス査定にはならないようです。新品同様のタイヤであれば、個人売買やタイヤショップなどで処分すれば金額がつくだけプラスだと思います。しかし比較的雪が深い地域ではスタッドレスは充分な需要がありますから、つけておいたほうがプラスになると思います。
車買取業者では名義変更などの手順を代わりに行っているところが多くを占めます。
自分で名義変更の届出を行おうとすると仕事が休みじゃない日に運輸支局まで出かけなくてはいけません。
仕事で忙殺されているとどうしても難しいものがあるかとは思うのですが、車の買取業者に頼む場合には、至れりつくせりなので、安心です。買取の際に、値がつかなかった車も廃車にするということで引きとってもらえることもあります。
その際、直接、買取業者が引き取りに応じる時と、廃車買取の専門業者を紹介され、そこへ引き取ってもらうという形もあります。ナンバーの返納を代わりに行ってくれたり、廃車に関わる種々の手数料のサービスを行ってくれる業者も多々存在します。それだけでなく、自動車税や自賠責保険料の返納もありますので、必要な書類は何か、経費がどのくらいかかるのかを分かっておく必要があります。
結婚を機に、車を売りに出すことにしました。夫になる人は、通勤で車を使う事がないため、2台持ちする必要としないからです。
ローンで購入した車でしたが、既に完済しているので、売って手に入ったお金は、へそくりとして、大事に保管しておきたいと思います。

 

自動車の日記   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed

TOPへ戻る